日本のベストセラー本歴代売り上げランキング


6.本の売り上げ
TOP

10万冊以上売れたような本はベストセラーと言われますが、ベストセラーというのは
特に○○冊以上と決められているわけではありません。

10万冊と言えば本の印税が5%、本の値段が1000円だとして、印税が500万円で
大ヒットとされます。

ですが、歴代の売り上げでいうと1000万冊以上という超大ヒットの本もあります。
ランキングの一位はなんとタレントの黒柳徹子さんが著者の「窓ぎわのトットちゃん」です。

二位は本出版後テレビ出演も多くあった乙武洋匡さんの「五体不満足」です。

三位の「バカの壁」はタイトルがこの年の流行語にもなった2003年を代表するベストセラーです。

四位の「脳内革命」は東京大学医学博士の「春山 茂雄」さんが著者です。

順位 筆者名 本のタイトル 売り上げ部数
1位 黒柳徹子 窓ぎわのトットちゃん 580万部 窓ぎわのトットちゃんの表紙画像
2位 乙武洋匡 五体不満足 480万部 五体不満足の表紙画像
3位 養老孟司 バカの壁 432万部 バカの壁の表紙画像
4位 春山茂雄 脳内革命 410万部 脳内革命の表紙画像
5位 鈴木健二 気くばりのすすめ 340万部
6位 片山恭一 世界の中心で愛をさけぶ 306万部
7位 塩月弥栄子 冠婚葬祭入門 300万部
8位 俵万智 サラダ記念日 280万部
9位 岩崎夏海 もし高校野球の
女子マネージャーが
ドラッカーの
『マネジメント』を読んだら
270万部
10位 藤原正彦 国家の品格 260万部
11位 穂積隆信 積木くずし 250万部
12位 樋口裕一 頭がいい人、悪い人の話し方 240万部
13位 村上春樹 ノルウェイの森(上巻、下巻) 220万部
14位 さくらももこ もものかんづめ 212万部
15位 永六輔 大往生 211万部
16位 木藤亜也 1リットルの涙 210万部
17位 山口百恵 蒼い時 200万部
17位 松本人志 遺書 200万部